トップページ > 症例

症例

症例トップ

慢性虫垂炎急性増悪(単孔式腹腔鏡下症例)

【症例】

下腹部痛と軟便のため来院。血液検査にてCRP値、白血球数ともに高値。

大腸内視鏡検査および造影CTにて慢性虫垂炎、虫垂腫瘍疑いの診断。

症状の憎悪も認め、単孔式腹腔鏡下手術を施行。
術式:単孔式腹腔鏡下回盲部切除
病理結果:慢性虫垂炎の急性憎悪(Acute and chronic organizing appendicitis)

症例のページへ