トップページ > 各種検査 > 上部消化管内視鏡検査

各種検査

上部消化管内視鏡検査

食道・胃・十二指腸の検査および治療

上部内視鏡検査では胃や食道、十二指腸のがんや潰瘍などを見つける検査です。 当院ではハイビジョン(HD)画質の内視鏡とモニタを採用しており、クリアで高精細な画像を得ることができ、粘膜の微細な変化を捉えることができます。 また、狭帯域光観察(NBI:Narrow Band Imaging)システムも採用しており、通常ではわかりにくい早期の食道の病変についても、このシステムを使用することで粘膜表面の微細な形態変化を観察することができます。

内視鏡の外観

実際の内視鏡画像

早期胃がん(通常モード)

早期胃がん(NBIモード)

 

上部消化管内視鏡検査を受けられる方へ

症例のページへ