トップページ > 症例 > IVR(血管系IVR治療)

症例                                                                                                     症例トップ

IVRについて                                                                            症例一覧

IVR治療とは

 IVR治療とは、さまざまな医療場面で活躍の場を広げている治療法で、正確には「InterVentionalRadiology:インターベンショナルラジオロジー」、日本語では「画像下治療」と訳し、X線透視、CT、超音波、血管造影装置など放射線診断装置を用いて行う検査・治療のことです。穿刺針やカテーテルを用いて、主に局所麻酔下に行い、外科的手術の様にお腹や胸を切らずに体の奥にある臓器や血管の治療を行います。 IVRには血管系の手技のみならず、非血管系(体表から病変部に対し専用の針やカテーテルを直接進め、病変の治療を行なう)の手技も含まれます。


血管系IVRの対象疾患/治療法について

 ●肝細胞がんに対する経カテーテル治療

 ●喀血、消化管出血、腫瘍出血などに対する経カテーテル的止血術

 ●動脈瘤、動静脈奇形に対する経カテーテル治療

 ●子宮筋腫に対する動脈塞栓術

 ●腎動脈、下肢動脈狭窄に対する血管拡張術(バルーン拡張術、ステント留置術)

 ●抗悪性腫瘍剤動脈内注入用埋込型カテーテル留置術

 ●CVカテーテル埋込術

 ●運動器カテーテル治療

    
 

 【肝細胞がんに対する経カテーテル動脈化学塞栓療法の実際】

 

 大腿動脈(太ももの付け根の血管)又は上腕動脈の位置を確認し、消毒と局所麻酔を行います。動脈を正確に穿刺してカテーテルを挿入し慎重に進めていきます。肝細胞がんを栄養する血管が同定できたら、マイクロカテーテル(通常ものよりさらに よりさらに細いカテーテル )を栄養血管へ選択的に挿入し、腫瘍の近傍まで進め、そこから造影を行います。次に肝細胞がんの径、腫瘍濃染、患者さまの全身状態、肝臓機能などを総合的に判断し、マイクロカテーテルか治療後の造影では塞栓物質により肝細胞がんへの血流がなくなっているので腫瘍は描出されません。


 肝細胞がんを栄養する血管描出(塞栓前)            肝細胞がんを栄養する血管描出(塞栓後)


     選択的動脈造影                                            上腸間膜動脈造影


 当院では血管内治療とRFA治療を組み合わせて肝臓の機能を温存して体の負担が少なく、局所的で効果の高い治療を行っております。


 

 【子宮筋腫に対する子宮動脈塞栓術(UAE)の実際】

 

 大腿動脈(太ももの付け根の血管)又は上腕動脈の位置を確認し、消毒と局所麻酔を行います。動脈を正確に穿刺してカテーテルを挿入し慎重に進めていきます。肝細胞がんを栄養する血管が同定できたら、マイクロカテーテル(通常ものよりさらに細いカテーテル )を栄養血管へ選択的に挿入し、腫瘍の近傍まで進め、そこから造影を行います。次に肝細胞がんの径、腫瘍濃染、患者さまの全身状態、肝臓機能などを総合的に判断し、マイクロカテーテルか治療後の造影では塞栓物質により肝細胞がんへの血流がなくなっているので腫瘍は描出されません。


    血管描出(塞栓前)                                         血管描出(塞栓後)


   塞栓前MRI画像                                            塞栓後MRI画像



症例一覧

| サイトマップ | 交通アクセス | 個人情報保護方針 | お問い合わせ |